ほうれい線は、加齢だけではなく、さまざまな影響によってできてしまいます。


その一つに、たるみがあります。

顔のリンパの流れが滞ったり、水分がたまってむくんだ状態では、皮膚のすぐ下に水分が溜まり、その重さによってさらにたるみが起こります。



そのためリンパの流れをよくすることがほうれい線を消すには効果的です。



ツボ押しは、下唇のすぐ下の部分を人差し指で押しながら、カウントします。


次に、口角の部分を押して、同じようにカウントします。

さらに鼻の下や小鼻のわき、頬骨に沿って耳の前までツボを押して刺激します。


またお箸を加えて表情筋を鍛えることで、ほうれい線を消すことができます。

表情筋は、唇を加えたフェイスエクササイズをしなくても、普段から笑ったりしゃべることで鍛えることができます。

もしほうれい線の原因が、加齢によって肌の角質層にあるセラミドなどの量が減少したことで起こっている場合には、肌が乾燥しないように保湿することが大切です。



保湿効果の高い化粧水やセラミド、ヒアルロン酸配合の化粧水を使用し、保湿を心がけることで、徐々に薄くすることが可能です。

ただこれらのセルフケアを行っても、なかなか改善しない場合には、美容整形も一つの方法です。

ほうれい線を消す施術には、ヒアルロン酸注入やボトックス注射、脂肪注入などのほか、メスや注射を使用したくないという場合には、高周波治療などさまざまな方法がありますから、自分の症状にあった施術法を選んでみると良いのではないでしょうか。

Copyright (C) 2016 気になるほうれい線を消す方法 All Rights Reserved.