これまで美容外科での痩身法と言えば、脂肪吸引という方法が主流であり、一度に多くの脂肪を除去できるとして見違えるほどの変化が期待できる反面、大がかりな手術と術後の圧迫固定や動きの制限などから容易に行えるものではなく、医師の技量によっては仕上がりも違い、場合によっては脂肪の吸引具合で生命のリスクを脅かす場合もあるので患者さん自身も相当な覚悟で臨む必要がありました。
しかし、最近では手術をしない美容痩身法が多く登場した事から、その日のうちに日常生活に戻れるとして患者さん自身も気軽に受けれるようになってきました。

その中の代表的な例が脂肪溶解注射です。



脂肪溶解注射とは脂肪を溶かす薬剤を用いる事で気になる部分に注入する事でリバウンドの心配がなくサイズダウンできるというものです。



用いる薬剤も大豆を主成分とするもので安全性が高い事でも人気があります。

しかし、注射という施術で少しは痛みを感じたり、術後に鈍痛があったりする場合がありますが、一時的なもので徐々に治ります。脂肪溶解注射は安全とはいえ薬剤を注入するという事に抵抗があったり、注射が恐怖や苦手な人にとっては向いていないかもしれません。
さらに上を行くものとして最近では針を使わない美容痩身法が多くあります。



超音波やレーザー、脂肪を凍らせて破壊するなど多くの痩身機器が登場してこれまで落ちにくかったセルライトやたるみにも効果がある他、数回で効果を実感できるタイプが登場しており、ますます痩身に即効性を兼ねた美容法が人気を集めるでしょう。

Copyright (C) 2016 進化を遂げる美容業界の痩身 All Rights Reserved.